« この村本という人は自分のことを一歩引い | トップページ | 頭が固いんだな〜と実感… »

2018年6月15日 (金)

『ファイアーエムブレム 覚醒』プレイ記録。(その5) - 好事家の世迷言。

遭遇戦を3回こなした。

屍兵の群が北の街道に2回、国境の長城に1回出現。

攻略サイトさんをちらちら見ると
経験値稼ぎに最適のようで、喜んだまでは良かったが。
こっち味方がLEVEL2とか3とか言ってる時に、
敵は8とか11とか、もはや笑うしかない戦力差。

最初、例によって、考えナシに突っ込んだ結果。
クロムが死んでリセット、主人公が死んでリセット、を繰り返す。
深呼吸して仕切り直し。
アイテムを全員から一旦外し、強い武器を装備して。
町の店から傷薬を全員分、3個セット1つずつを買い揃える。

HPの高いフレデリクやクロムを前線に立たせ、
他の直接攻撃キャラを、ダブルの形で一マスに収める。
そんでもって、その背後にヴィオールやミリエルといった間接攻撃を配置。
回復魔法は自分自身には使えないとか、
傷薬を他人に使えないとか、
いまさら覚えたルールも少なくない。

勝ったら早速、手に入れた金塊を売って資金を増やす。
現れた行商人から、ドラゴンキラーを買って、クロムに持たせた。
役に立つといいな。

それでは。また次回。

« この村本という人は自分のことを一歩引い | トップページ | 頭が固いんだな〜と実感… »